2011年2月15日 バレンタインの愛がいっぱい溢れた翌日、メリーは永い眠りにつきました。 ベールをかぶって、お空にお嫁さんに行きました。 また、逢える日をいつも願って・・・ぴかぴか(新しい) 「メリー愛しています。家族より」 DSC01627.jpg

2011年09月26日

お礼まいり 関西へ@

いつもありがとうございますヤギ


最近いろいろな事があって、いろいろな事を感じています。

「改めて感じる感謝の気持ち。」深く感じています。

その都度、想った事を記そうと思うのですが、なかなかブログを

書けないでいました。


特に何かがあったわけでもなく、ただなんとなく・・。


お仕事も忙しく・・時々落ち込んだり
時々ゲンキになったりの毎日でした四葉


・・このブログにたくさんの訪問者が毎日いて下さり、

本当にうれしく思っていますわーい(嬉しい顔)

支えられているんだなって思っていますハートたち(複数ハート)



・・そんな毎日を過ごしていく中で、今月はメリーに関わる様々な事が

あり、たくさんメリーを感じヤギ

また、たくさんの方に対して心からの感謝と、絆を改めて感じました。


それからメリーが心の中でしっかりと生きていることをぴかぴか(新しい)
確信しています。




8月31日 メリーリング誕生ぴかぴか(新しい)
いつも、メリーを感じたくて、メリーの毛・わずかなお骨が
リングの中におさめられています。
DSCF7878.jpg

このシルエットはもちろんメリーです。
メリーの左には「イチョウの葉」いつもイチョウ並木を一緒に
歩いたこと・そしてメリーの誕生花は「イチョウの葉」なんです。

右には、「四つ葉のクローバー」を四葉
お散歩で芝生に行くと、必ずと言っていいほどに、四つ葉のクローバーを
見つけていました。
メリーといるといつも、幸せがありました。

メリーのエピソードをふまえ、何カ月も何度も何度も職人さんと
細かく話し合い、制作していただきました。


こんなに丁寧にしていただいたこと、本当に感謝しております。


職人さんとの打ち合わせの中も、1つ1つ言葉が丁寧で
メリーと私の気持ちを大事にしてくださっていることをすごく
感じました。

リング内側には、大切なお骨も入っています。
DSCF7884.jpg

また
私とメリーの名前・メリーの生年月日
Together Forever(ずっと一緒)
in my life I love you more.
(私の人生であなた以上に愛しい人はいない)と刻印されています。


この職人さんに出会えたこと、1番大切な存在のメリーを
美しく誕生させていただいたこと。

私は嬉しく、あたたかいキモチになれています揺れるハート


毛とお骨をリングに納める最後の工程の案内がメールできちんと
お知らせして頂いたときは、すごく感動しました。

埋封の日時が案内され、
「明日8月31日(水)午前10時から 」

それから
この日、この時間に一緒に遠くから見守って頂ければ心強いです。
メリーちゃんの事をいつも以上に思っていてください。


とメールが届いたときは、すごく涙が出ました。


また逢えるんだって思いました。


(都合がつけば、埋封の際は、立ち会うことが出来るそうです。)



こうして、メリーのリングを誕生させてくださいましたヤギ



9月の最後の週末は、この職人さんにお礼をしに京都まで
お会いしてきました。
そして、今度は母のアクセサリーのデザインの打ち合わせも兼ねてるんるん


実際に、メリーのリングが誕生した京都のアトリエはすごくステキで
すごく落ち着いた空間と、優しいオーラがお部屋中に
漂っていました。


職人さんもすご〜くステキな方で、お話していてすぐに
「メリーを預けてよかった」って思えました。


お話をしているうちに、勝手に涙がこぼれてきて、
このリングを制作している時も、大事に大事に想っていただきながら
作っていただいたことを、本当に心から感じました。


メリーは、いつも無条件に愛されているなって
勝手ながら思ってしまいましたヤギ



このブログを読んでくださっている方は、私の大切な方です。


だから、メリーのリングの誕生を、美しく生まれたリングを
見ていただきましたぴかぴか(新しい)


メリーのセカンドバースデーだねぴかぴか(新しい)


9月の最後の週末新幹線

京都の職人さんに逢いに行ったこと

それからもう1つ。

絶対にお礼を言わなければならない、とっても大切な大切な方に

ココ、関西でお会いしてきました。

1番会いたかった方に、やっと会うことができました虹


次回、大事に記事を書かせていただきます。










マルチーズランキングに挑戦中るんるん
クリックしてくださいぴかぴか(新しい) 1票入ります
あにゃがプー 

にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
こちらもon


Thank you for coming to "MERRY-GO-LAND"

ニックネーム あい at 00:32| Comment(3) | ★記念日・イベント・特別 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メリーちゃんのリング、とっても ステキです。
それに 何より 思いがたくさん 詰まってますよね。

職人さんも こちらの思いを汲んでくださって その思いをリングに 込めてくださったのですね。 ほんと 涙が出るほど 嬉しいですよね。

メリーちゃん これからも あいさんの指で ずっと一緒に 過ごせるんですね。
Posted by パンチママ at 2011年09月28日 22:15
「メリーちゃん、そこに居たのねぇ〜」って思わずリングのお写真に
声かけてしまいました^^;
すごくメリーちゃんの存在を感じます。
あいちゃんの思いをすべて込めて作製して下さったのですね。
この出会いはもしかしたらメリーちゃんパワーかもしれないね。

デザイン、とってもステキです!!
Posted by Andymama at 2011年09月28日 23:30
メリーリング

本当に可愛くて素晴らしい、この世で一番神聖な宝物ですね・・・


人の作り出す創造物・・・

そこには作品の素晴らしさもさることながら
その作者の生涯、その生きざまに感動し
そこから、作品への理解が深まって
強い印象となって残るような気がします

作者がどんな人物で、どんな苦悩があって
どんな思いを込めて制作したか
そうした背景を知ることによって
作品から、作者の心の叫びが見えてくる
その心の叫びに私たちは共感し
感動するような気がしたりします

技術やテクテクニック・・・
それらは、とても大切な表現方法であるけれど
いくら、そうした要素が卓越していたとしても
感動が伴うとは必ずしもいいえないと思います

感動は、やはり、その作品をつくる過程の
作者の信念、作者のほとばしるエネルギー
そうしたものの理解が伴うことで
作品がより一層生き生きとして
人々に更なる感動を与えてくれるものだと思います



あいちゃん

メリーリングは制作された作者の方の
魂そのものです・・・

メリーちゃんを偲び
あいちゃんを慕い

その想いが私達の心に永遠に残る掛け替えの
ないリングだと思います




Posted by Andypapa at 2011年10月12日 22:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]